2018年の振り返りとSDGs

 2018年も残すところ数日となりました。今年もネパールに4回行き、私のギャラリーの催事を3回、母の百貨店催事は13回と、Nature and Creation は去年よりも忙しく、瞬く間に過ぎた充実した一年となりました。😃

 さらに私は、東京で本格的に生活を始めた年となり、素晴らしい出会いが沢山ありました。この年末もどんどん新しいことが決まっていくようなドラマチックな毎日でした。人との縁、そして人との協力関係によって、一人ではできないような大きな活動が出来るのだろうということを感じ始めました。社会のトップに居る方々が、社会的な志を持った動きをサポートし、社会が変わり始めたということを実感しています。✨

 今年からSDGs つまり国連で採択された「持続可能な開発目標」という言葉がタイムリーになってきましたが、まさにNatue and Creation を作る前に私がネパールに住んで居た時から、言い続けてきた言葉です。Nature and Creation のphilosophyにも「持続可能な地域に根ざした生産方法を守る」と当初から掲げていますが、今本当にその価値が見直されてきています。しかも、これはトレンドというよりも、将来目指すべき方向として国連が掲げる長期的目標となっています。特にSDGsの項目の中の、Responsible consumption and production =つくる責任つかう責任 という12番目の目標は、Nature and Creation の活動の目標そのものです。大量生産大量消費の世の中で、その対極を歩き続けてきたことの意義を今になって大きく感じます。

 神様からのご褒美のように、協力者と出会い復興することができたパシュミナとヤクは、逸品としてハイセンスなセレクトショップURBSに置いて頂きました。(画像お借りしました。)さらに、衣の分野ではない商品も繋がってきました。ですので、これから私は、Nature and Creation の活動だけでなく、世界中が目指している理想の社会像=17項目の実現化に向け、衣の分野だけではなく衣食住に総合的に取り組んでいこうと思っています。2019年は、それこそイノシシのようにまっすぐ走っていくような一年になりそうな気がしています。🐗💨

また、ここでご報告させていただきます。

 ご縁があってこの小さなブランドのブログを読んでくださっている皆様、お陰様で今年も良き一年で終えることができました。来年も、引き続きよろしくお願いいたします。💕