展示会@ギャラリーモーツァルト

お久しぶりです。Nature and Creation 代表の赤池です。3月13日〜18日、京橋のギャラリーモーツァルトでの展示会「ネパールヒマラヤの厳しく優しい神々の創造展〜伝統的手仕事から現代への挑戦〜」は盛況に終わりました。その後夫と久しぶりの日本で休暇を過ごし、ジャカルタに帰ってまいりました。

展示会では初日から東京新聞に取材して頂き、授乳服作りでコラボしているモーハウスの社長さんはじめスタッフの皆様にもお越し頂き、賑やかな幕開けとなりました。ネパール時代からの友人のmetier+ の赤座さんとの合同でしたので共通の知り合いも多く、懐かしい再会あり本当に素敵な時を過ごすことができました。お越し頂いた皆様、ご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました。

私の大学時代の友人関係も多く来てくれたのですが、普通の40代の女性が使える、欲しい!と思う服が沢山あったようで、目の色を変えて真剣に選ぶ姿を見て心の中でガッツポーズをしました(笑)。あえてネパールっぽさはない服ですがナチュラルでもきちんと見える服というのがあるようで少ないようです。また、60代ぐらいのご婦人方には手紡ぎ糸の風合いたっぷりの生地が人気でした。作り手としては、ぴったりの服を見つけた時の笑顔を見るのがたまりません。そういう意味では本当に幸せな毎日でした。久しぶりにお客様の顔を直接見ることができたということは本当に貴重でした。(普段の百貨店での販売は私の母が行っています。)作っているネパールのスタッフにも見せれるように、お客様の写真を撮らせて頂きたいなとも思いました。(ご協力をお願い致します(^_-))また、今回の経験を今後の制作に活かしたいと思います。

また来年も同じ場所で、3月に第2回の合同展示会を行うことを決めてきましたので、東京の皆様また来年も宜しくお願い致します!😊

*4月からも毎月全国で展示会が続きます。日時と場所についてはHPのイベントページ、FBとブログで後日お知らせ致します。