春色

お久しぶりです。駐在員の渡辺です。

 

ネパール現地の工房では、3月中旬に開かれる展覧会のための出荷に向けてラストスパートを迎えています。

 

本当にありがたいことにだんだんとオーダー数も増え、限られた人数の中で、染め→織り→縫製というサイクルをスピーディー回していかなければいけません。

 

今年に入ってから、昨年末の課題克服ディスカッションが効いているのか、染めも織りも縫製も緊張感を持ってスピーディーに進んでいます。

 

ほとんど停電がなくなったカトマンズですが、織りを頼んでいる村では未だに停電になることもあります。

そのためオーダー数よりもはるかに少なく届くこともあるのです。

 

日本とビジネスしている以上、納期を遅らせるわけにはいきません。

「とにかく織れたところまでを今日中に!」と1日に何度も何度も電話で催促しているスタッフの姿がとても心強く思えました。

 

さて、新しく春色が加わり、春夏に使えるリネンコットンの素材が加わり、工場にも春の風が吹いています。

 

ぜひみなさまもお手にとって見ていただければと思います。

 

展覧会情報

ネパールヒマラヤの厳しく優しい神々の創造展

3月13日(月)〜3月18日(土)

11:00-19:00 (最終日は〜17:00)

 

ギャラリーモーツァルト 

東京都中央区京橋1-6-14 YKビル1

Tel:03-6228-6848