今年最後のネパール出張2

代表の赤池です。出張の最終日になりました。今回は、いつもより話し合いに時間を割くことができました。デザインやパターン作製は離れていても出来ますし、スカイプでも日々連絡を取り合っているのですが、やはり工房にいなければ出来ないことは沢山あるなと改めて感じました。そして今回の話し合いの結果、皆が本当に変わることができたとしたら、来年から新しいステージに立つことができると思っています。

思えば、去年の今頃は、地震の影響の後さらにインドから国境を閉鎖されて、ガスやガソリンが全く入ってこずにネパール中が干上がっている状態でした。ご飯も薪で炊いていたほどで、弊社の染めもできず白い布を作っていました。停電も酷く、その時はミシンも足踏みしていました。そういう状態の時は、生産数だとかの問題ではありませんでした。今年の春過ぎてようやくその状態から抜け出し、今は何故か停電はほとんど無く、物資も入ってきています。全く問題の質が違いますので、本当にやっとここまで来たという感じです。

舞台裏のドタバタがありつつ、(とても詳しくは書けません!)沢山の人の手を経て作られたメイドインネパールの冬物のお洋服は先日第一弾が出荷され、年末からの催事で表舞台に立ちます。兎にも角にも、やっと工場らしくなってきたNature and Creation のネパール工場。これからをご期待ください!今年4回目で最後のネパール出張は、こんな感じで締めくくりです。(^_^)

写真は、修復中のパタンダルバールスクエアと9月の出張の出発際の私です。今日は夜の便で発ちます。それでは!